読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Woodlands People

大地の恵み、自然と一緒に循環する里山での暮らし方をお伝えします。

Woodlands通信Vol.6 農業について思う。

農業。まったくの素人です。はい。

素人考えで、可能ならば自然農法(無農薬)で出来るといいよな位の妄想しかできませんでしたが、そんな時にその道のプロが現れてくれました。

すでにそのやり方も経験されていて、お会いしたらとてもとても熱く語ってくれそうな感じですごく楽しみにしています。

 

今は受け皿を作る時期だと考えていまして、候補地を探しているうちに色々な方との出会いをいただきました。そして今は目まぐるしくそれが繋がりだして大忙しの嬉しい悲鳴を上げています。

私の提供できることは農地をお借りしてお渡しすることかなと思っています。

いろいろお手伝いしながら教わりたいですしね。

 

おすそ分けというのは、人間の間だけでなく、動物や植物たちと一緒にということですもんね。そんな生き物たちと一緒に収穫を楽しみにする暮らしがいいですよね。

 

畑や田んぼを無農薬でやるのに一番の問題は、その集落全体でそれに取り組まないと意味がない。ということだそうです。どこかの畑で農薬を使ってしまえば、それが用水に入り込んでしまうからだそう。

その地域に無理やり無農薬を押し付ける訳にはいきませんから、仲良くなって気長に少しずつわかってもらう活動も必要になるのでしょうね。

 

知り合いに、土に触れることで生きるということが深く分かりますよ。と言われた言葉を実感したいな!という思いで一杯です。

 

できる限り早くNPO法人を設立して、移住体験ができる小屋を建てて、農業体験もしてもらえるような仕組みを作ります。

ホビットの家とか作りたいんですよね〜。)

 

まずは受け皿作りからになりますので色々大変かもしれません。

生活面の不安もあるでしょうし、それなりの覚悟は必要と思いますが、

納得いくまでお話ししてその上で共感したらやるよ。

と思われる方来てくださいな。とオーダー!

 

あ、諸事情によりタイトル変えました。

NPO法人の名前もこれで行こうと思います。

(変わるかもですけど。お名前募集中です。)

 

個人的にはまずは古民家カフェを始めることですけど。ここ大事です。試験に出ます。

オープンテラス作って開店前にそこでコーヒーで一服。うーんたまらん。